お電話でのお問合せ・ご相談はこちら!

0568-21-4477

彫刻師 中澤茂政さん彫刻師ブログ

今年も雨の季節がやって来ました

2020年6月22日

卒業式、入学式といった、子供たちには大切な折り目となる行事もままならなくなってしまった今年ですが、自然は変わらず四季折々の変化を見せてくれています。春を過ぎた気持ちも薄いままですが、東海地方では6月10日、梅雨入りが発表されました。

 

平年より2日遅いとのことですが、外出自粛生活を余儀なくされ、平年の季節感が忘れがちになっている方も多いのではないでしょうか。

 

その点、私ども石屋は毎日のように墓所に出かけますので、季節感には敏感です。特に雨が降ると仕事もストップするので、毎朝天気予報のチェックが欠かせません。石工事では、濡れた石は滑りやすくなって危険ですし、接合用のボンドも効かなくなってしまいます。

 

このように、気の抜けない梅雨の季節ですが、雨に濡れた石の表情は、また違った魅力があります。しっとりと表面を覆った水が光を反射して、石の表面の凹凸を映し出し、金属やプラスチックのような人工物にはない、豊かな表情を見せてくれます。

 

緊急事態宣言下のGWは、豊田市内の墓所も例年よりは少なかったのですが、ご家族やお一人でお墓参りに来られている風景が見られました。人と人のつながりが意識される中だからこそ、ご先祖様とのつながりを大切にされている方がいらっしゃることを実感します。

 

県外移動も緩和された今でも、法事などで、ご先祖を偲ぶために集まるということに躊躇されているご家族も多くいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。ご家族、ご親族が笑顔でお墓参りできるタイミングで、今回の出来事をお墓のご先祖にお話してあげてください。お墓は(そこにいるご先祖も)いつでも、そこにありますから。

 

※当店では、豊田市内にお墓をお持ちの方の、お参りの代行も承っております。お気軽にお問合せください。